るりさん研修 〜台湾編〜

2014.11.02 Sunday 22:00
0
    去る9月30日〜10月7日、るりさんはお茶の勉強旅行へ行って来ました。







    行先は台湾の台北・台中など。







    最終目的地は、南投県。
    「2014年 世界茶業博覧会」の千人茶会に参加して、お茶を飲んでくることでした。







    すでにお会いしている方には散々お話ししましたが…

    千人茶会の会場でるりさんは自分のデジカメを紛失してしまいました。

    急所スマホで撮影…なんとか乗り切りました。







    そしてそして、

    驚くことに千人茶会終了直後私のデジカメが見つかりました。

    スタッフのみなさんが私のデジカメを見つけてくださいました(T_T)/~~~







    日本では考えられない位に…というか津軽でも考えられない位に親切にしていただき印象に残る研修でした。







    せっかく戻ってきたデジカメなので、ゆっくりと内容を紐解いていこうと思います。

    ブログにアップするのもイイのですが、実際にお会いした時にお話ししながらお見せしたいと思いますのでるりさんに遊びにきてくださいネ。







    引率して下さったのは平川市在住の中国茶芸師Tea Wave阿部理佳子先生。

    たいへんお世話になりました。







    急速に成長している台湾。

    お祭りのときも楽しいのですが、なんでもないときにふらりと訪ねて行ってみたい…そう思いました。









    茶業博覧会(以下お茶博)の会場はとっても広いのです。

    いたるところに巨大なオブジェが。

    南投県は台湾きってのお茶どころ。
    お茶博は県をあげての一大イベント。









    お茶博で一番見たかったイベント「千人茶会」。

    お客さんの列に並び、受付を済ませチケットを頼りに場所を探します。

    私が座ったお席です。

    デジカメを無くし落ち込んでいた私にとって、ほっとする優しい味の烏龍茶でした。

    お茶淹れの方はお茶の包装業?を生業としている方でした。







    お茶淹れの方達は各々茶人服をきていましたが、お客さんはとってもラフな服装。

    そんなところにも日本の茶道との違いを感じます。









    今年は250人のお茶淹れ人がエントリー。

    お客さんも合わせれば千人超えていたかもしれませんね。







    日付が下って、数日後に「千人茶揉み」というイベントも行われたようです。

    今回は見られませんでしたがこちらもおもしろそうです。

    台湾の茶業って奥が深いです。






    JUGEMテーマ:台湾茶・台湾茶器

    スポンサーサイト

    2019.08.23 Friday 22:00
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      ◆月例坐禅会◆
      毎月第四日曜日、14:00〜16:00、参加費1500円。 お問い合わせは筺0172)54-8365まで。
      ◆煎茶サークル◆
      月2回。曜日時間はご相談ください。
      facebookはこちら
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM