気が早いけど

2011.01.20 Thursday 21:44
0
    JUGEMテーマ:人形
     
    女子が好む人形の1つに、お雛様が挙げられます。


    今回東北福祉大学の芹沢ケイ介美術工芸館のニューヨーク展開催記念特別展を見て参りました。
    各地の民藝展でちょこちょこと芹沢作品は見かけていましたが、これ程沢山の作品を見たのは初めてでした。
    印象に残ったのは、法然上人の御影作品の多かった事、そして絶筆が「富士山」の墨絵でありました。円相?と思しき丸くない〇の中に山の絵、山の中腹右に人1人、左に1本の木?と私の眼には映りました。小さな作品でしたが暖かく、シンプルな絵でした。芹沢自身の人生観そのもののように感じました。


    その日は、ワークショップ「糸雛を作ろう」のある日でしたので、体験して参りました。
    芹沢作品に、「雛絵図」の掛軸があり、自身の初孫誕生の祝いに作った作品とのこと。
    軸に描かれているお雛様は、薩摩地方の郷土雛「糸雛」がモチーフとなっています。
    製作を指導して下さったのは、ミュウジアムショップの若い女性2人でした。製作中「糸雛」について色々尋ねましたら、その疑問についてすぐ調べてお応えを頂きました。

        糸雛
        ー右は本物「薩摩の糸雛」、左が今回作った「型染め糸雛」染色の色は好みで染めますー

    最近お店で買い物をして、その商品について尋ねても、【自分は売ってるだけで商品についての知識はありません。】と、無責任な答えが返ってきてがっかりすることが多いのですが、此処のショップの方達には仕事に対する責任感と、人としての優しさがありました。
    こちらからも、自然に【とても楽しい時間をありがとうございました。次回もまた訪ねたいです。】とお礼の言葉が出て参りました。

    実は、最初に美術工芸館の場所が解らず、近くを歩いていた男子学生さんに尋ねましたら言葉で教えてくれましたが、心配になったのかそこの前まで一緒に来て下さいました。


    仙台を訪ねる機会がありましたら、芹沢ケイ介美術工芸館訪ねてみては?楽しかったです。


       カフェ         学園風景     
     −工芸館五階からの眺めいいですよ−       −ミュウジアムショップから外を眺める−


    category:民藝 | by:るりさんcomments(0)trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    2020.07.14 Tuesday 21:44
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      ◆月例坐禅会◆
      毎月第四日曜日、14:00〜16:00、参加費1500円。 お問い合わせは筺0172)54-8365まで。
      ◆煎茶サークル◆
      月2回。曜日時間はご相談ください。
      facebookはこちら
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM