るりさん的源氏物語体感

2008.10.31 Friday 00:02
0
    今年は源氏物語が書かれてから千年です。各方面でさまざまな催しが行われております。今回の関西滞在中、体感した「源氏物語」をいくつかご紹介いたします。



    まずは、前述した宇治市の源氏物語ミュージアム。ブログ10月29日を見てください。



    そして、京都文化博物館。常設展示に見たいものがあったのですが、あいにく別の催しで会場が使われており、お目当てのものが見られずがっかり…と思いきや、常設展の料金で古い映画を見ることができました。

    京都文化博物館
    http://www.bunpaku.or.jp/

    映像ギャラリーにて、「源氏物語 浮舟」を見てきました。同行者は、大の時代劇ファン。往年の時代劇スタアの競演にしばし酔いしれました。秋の夜長に源氏物語の映画鑑賞もオツなものです。



    街歩きの途中、香袋屋さんを見つけました。有名店の香袋もとても素敵ですが、このお店の商品は全て奥様の手作りです。源氏の頃と時代は違えど香りに対する人々の関心は尽きません。

    ゆりの
    香袋ゆりの→ヒントは…西洞院通沿いです。画像はお店の外観です。

    羽子板、風鈴、ちまき、うちわを購入しました。季節が過ぎてしまっているものについては、ご主人が中に入っている香をその場で詰め替えてくださいました。有名人もお買い物に来るとか・・・。



    そして、茶席用お香として、祇園の某香舗にて練香を購入しました。
    源氏物語と練香といえば、私は末摘花を連想します。末摘花は、あまり美しくない女性の代表として描かれております。しかし、もとは由緒正しき御家柄の姫、落ちぶれたとはいえ代々の練香の製法がお家に伝わっており、香りに対しての素養の高さがうかがえる人物です。
    茶席では来月から練香の時期です。この祇園の練香は初めて使用するのでどんな香りなのか楽しみです。香銘は末摘花の巻に出てくるものではありませんが、彼女に思いをはせながら…

    JUGEMテーマ:源氏物語
     
    category:見聞録 | by:るりさんcomments(0)trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    2020.07.14 Tuesday 00:02
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      ◆月例坐禅会◆
      毎月第四日曜日、14:00〜16:00、参加費1500円。 お問い合わせは筺0172)54-8365まで。
      ◆煎茶サークル◆
      月2回。曜日時間はご相談ください。
      facebookはこちら
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM