るりいろインパルス❄

2019.12.24 Tuesday 11:12
0

    とうとう除雪シーズン到来です。

     

     

     

    今年から、除雪を業者さんに依頼することにしました。

    るりさんのお膝元、温湯町内「たかはし設備」さんです。

     

     

     

    今までは数時間かかっていた作業が、プロの手であっという間に☺

     

     

     

    除雪の委託、きっかけはお檀家さんからの意見でした。

    「ご住職、何かあってからでは大変なので、御身体を労ってください。」

     

     

     

     

    ホワイトインパルスに負けじと、るりいろインパルス始動です!

     

     

     

    category:職人魂 | by:るりさんcomments(0) | -

    鳥巣禅師と白楽天

    2015.08.11 Tuesday 19:03
    0
      先月、とても寂しい別れがありました。



      お世話になっていた表具店「玉穂堂」のご主人がお亡くなりになりました。



      寺族一同、書道の表具でもお世話になっています。




      今日は奥様がいらして、お預けしていた禅機画をお届けくださいました。




      双幅です。




      美しい文人表具。
      ご主人自ら表具することが叶わなかったそうですが、玉穂堂さんのお知り合いの表具師さんに仕上げていただきました。



      折しも蓮花盛り。



      仏さんが運んでくださった贈り物です。



      玉穂堂さん、どうか安らかに。
      category:職人魂 | by:るりさんcomments(0)trackbacks(0)

      きもの回想

      2014.04.19 Saturday 17:09
      0
        できました
        月曜から習い始めて、ようやく縫いあがりました。
        ですが、これで完成ではないのです。
         
        畳む
         
        ???
        何をしているか解る人は判るでしょう?!
        仕立て上がりの着物に押しをかけています。
        2〜3日この状態で待ちます。自然のアイロンが掛かるらしく‥実家に行くと、こんな景色を。
         
        見てました
        お仕立ての間ずっと見守ってくれた椿。そろそろ終わりかな?

        今回の反物は、30年近く眠っていたもので、意を決して仕立てることに。
        亡き母が孫たちにと、用意していました。
        仕立てることが出来、すこしだけ親孝行が出来たような‥

        お檀家さんに教わり、母を思い出しながら仕上げました。ありがとうございました。

                            ーるり2ー



        JUGEMテーマ:職人技
        category:職人魂 | by:るりさんcomments(0)trackbacks(0)

        素敵に生きる

        2012.07.20 Friday 21:15
        0
          田舎に住んでいても、すごい技術をお持ちの方に出会うことがチョクチョクあります。

          ★一人目のマイスターは、手描き友禅の、⦅山本弘志さん⦆です。

          雀と竹

          益子のコーヒーカップと弘前の某喫茶店手製のフルーツケーキを乗せて、雀の黄色が効いています

          桔梗の絵

          こちらも益子のカップ、若手作家(東北出身)の透き漆豆皿に青森の翁屋「あずきごおり」を乗せて


          三月の個展で、アイヌ模様が気に入り色違いの帯を染めて頂きました。お届け頂いたときに、帯と同じ素材の手描き友禅のランチョンマット二枚と、お菓子を頂きました。暮れに毎年干支の色紙を送って下さる作家さんです。因みにお菓子の包み紙のアジサイのモチーフは、山本さんのデザインだそうです。




          ★二人目のマイスターは青森市在住の宝石屋「千成堂」の御主人さま。

          三十年間眠っていた、二つのリングを直していただきました。一つは痛くて身に着けたことのないマリッジリング。もう一つは、サイズが大きすぎて身に着けることの出来なかった、義母の形見のリング。


          二つの奇跡


          何度か地元の宝石屋さんで、お直しを相談、トライしましたが、とうとう身に着けれる代物にはなり得ませんでした。千成堂さんにお願いして、三十年振りでようやく身に着けることが出来ました。


          どちらの方も魅力ある人で、優しく楽しく、信仰心篤く、正直な良い仕事して下さいます。
          こんな時、あおもりも捨てたものではないと、誇らしい気持ちになります(自分がした仕事ではありませんが)。


          JUGEMテーマ:あおもりらいふ
           
          category:職人魂 | by:るりさんcomments(0)trackbacks(0)

          PR
          Calender
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          27282930   
          << September 2020 >>
          ◆月例坐禅会◆
          毎月第四日曜日、14:00〜16:00、参加費1500円。 お問い合わせは筺0172)54-8365まで。
          ◆煎茶サークル◆
          月2回。曜日時間はご相談ください。
          facebookはこちら
          Selected entry
          Category
          Archives
          Recent comment
          Recent trackback
          Link
          Profile
          Search
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM